経営理念

ミッション

個人と企業にイノベーションの力を与える

社名である“Innova(イノーバ)”は、イノベーション(革新)を意味しています。 これからはイノベーションが当たり前になる時代。変化を恐れる人には怖い時代であり、変化を先取りする人には、これ以上なく、ワクワクする時代です。イノーバは、個人や企業がどんどんイノベーションを起こす、そのなかで世の中と個人の人生をより良いものにしていく、そのような仕組みづくりをしていきます。 インターネット時代には国境はなく、発信力があれば世界中にメッセージを届けることができます。私たちは、世界中の先進的なマーケティング手法をリサーチし、自分達自身が実験台となりながら、「コンテンツマーケティング」のような新しいマーケティング手法を顧客に提案、提供していきます。

インターネット時代には国境はなく、発信力があれば世界中にメッセージを届けることができます。私たちは、世界中の先進的なマーケティング手法をリサーチし、自分達自身が実験台となりながら、「コンテンツマーケティング」のような新しいマーケティング手法を顧客に提案、提供していきます。

ビジョン

国境も、常識も超える
“マーケティング&セールス”をつくり続ける

これまで日本企業は、優れた技術や世界に誇れるサービスを持ちながらも、「マーケティング不在」により、十分な市場が獲得できていませんでした。とくに中小企業は「広告宣伝にお金をかけられない」「新たな販路開拓に手が回らない」といった理由で、マーケティングは自社には縁がないと考えがちでした。

しかし、マーケティングとは、限られたお金でどのお客様に対して訴求していくかを決めること。したがって、予算が限られる企業ほど、実はマーケティングが不可欠なのです。

インターネットがなかった時代には、お客様に知ってもらう手段として、広告やダイレクトメールなどが一般的でした。これらはコストがかかる割に、訴求したいお客様にたどりつく確率が低い手段でした。ところが、ウェブ検索やソーシャルメディアが世界中に普及した現在、企業の側から一方的に宣伝するのでなく、お客様の側から見つけてもらうことが可能になっています。

さらに、こうしたウェブ環境と顧客の行動も変化に伴い、営業方法にも変革が求められています。

インターネット利用者が増えたことで、顧客の情報収集力は格段に高まっており、従来のような飛び込み営業、テレアポの効率は下がっています。営業活動においても、効果的にウェブを活用することで、顧客のニーズをとらえた効率のよい営業活動を行うことが可能です。

インターネット使用を前提とした現代に求められるマーケティングと営業の技術とサービスを提供してまいります。